2012年11月5日月曜日

Symfonyのアセットヘルパー(stylesheet_tagなど)

アセットヘルパーについてのメモ書き。

アセットヘルパーを使用すると、画像、スタイルシート、JavaScriptファイルを
レスポンスに含めることができる。
拡張子を記載する必要はない(.png/.js/.cssの拡張子を自動的に設定してくれる)

image_tag():画像サイズを指定するときは、sizeで指定する。
stylesheet_tag()
javascript_include_tag()

なお、指定したファイルは、下記を自動的に検索します。
web/legacy/images/ 配下
web/js/ 配下
web/css/ 配下

特定のファイルを指定するときは絶対パスを記述する必要あり。

詳細は下記のページを参照
http://symfony.com/legacy/doc/gentle-introduction/1_4/ja/09-Links-and-the-Routing-System

symfonyのlayout関係メモ

<layout.pnp>
全てのページで使用されるレイアウトを作成する。
ヘッダ・コンテンツ・フッターなどを定義して、それぞれのページで変わる
コンテンツ部分は動的に生成する感じかな。

<view.yml>
レイアウトの設定などを記述するファイル。
レイアウト内から、include_***()でview.ymlに記述した内容を
使用することができる。

<Responseオブジェクト>
view.ymlで行っている設定を動的に行うことが可能。


と、ざっくりした内容ですが、ざっくり感で覚えたいと思います。


詳細は下記のページに載っているので、要チェックです!
http://codezine.jp/article/detail/1063

2012年11月1日木曜日

Symfonyでテンプレートからデバッグツールバーにログ出力

テンプレートファイルに下記を追記すればOK!

<?php use_helper('Debug') ?>
<?php echo log_message('出力する内容', 'err') ?>

変数の内容を出力する場合は
<?php echo log_message(sprintf('変数の内容を出力:%s, $hoge), 'err') ?>

てな感じです。

ついでに、忘れないために

<actionから出力>
    $this->logMessage('{sfAction} アクションから出力.', 'err');
   
<その他>
  sfContext::getInstance()->getLogger()->err('{sfAction} 出力内容');