2013年7月14日日曜日

浜益漁港でブラー釣り

2013/07/13 晴れ(気温28度くらい)

札幌からオロロン沿いを走ること約90分、浜益漁港に到着。

時間は、14:00くらいでした。

とりあえずワームで攻めることに。

30分くらいやりましたが、特に反応なし。。。

と、ボウズが濃厚になってきたので、ブラーにチェンジ!!

イソメを装着し、足元に落とすと・・・

即アタリが!!
 
ググ、グググと弱めのアタリがあり、その後ピタ!っと反応がなくなる・・・

ブラーを確認すると、イソメがない。

ん~かなり弱いアタリだったのに、餌が持っていかれていました。

イソメを確認すると、この暑さ?のせいでほとんどが弱っており

若干切れやすくなっていました。

ただ、魚がいることが確認できので一安心。

何回かアタリあり→餌とられるを繰り返しながら、粘ること30分

ついに、アブラコをGETしました。

大体、20センチというところでしょうか。


と、今回は2時間でアブラコ1匹の寂しい魚果となりましたが

夜や朝方に行けばもっと楽しめそうな予感でした。

2013年7月12日金曜日

iTunesconnectで住所変更しまっせ。

さて、残念ながら久しくアプリ開発から遠ざかっていますが

会社が移転したため、Appleに届けている住所も変更することに。

さて、どうしたものかと取り合えずググってみると下記のサイトを発見!!

iTunes Connectでの住所変更

このサイト通りに

1.iTunesconnectにログイン

2.Top画面下部の「Contact Us」をクリック

3.表示された画面で下記を選択
 ① 「Contracts and Legal」 を選択
 ② 「Name/Address Update - Request」 を選択

 ①、②を選択すると画面下部に画面が追加されるので、「contact us.」を選択

4.変更後の住所と理由を入力
 ①住所は英語表記で入力してください。
  JuDress(変換後の住所は正しいか必ず確認してください) 
 ②理由は「引越」などの理由を英語で入力してください。

5.submitをクリック
 Appleのサポートから連絡が来るまで待ちます。

と、現在は「5」の状態なので、連絡がきたら追記します!! 

2013年7月7日日曜日

【AWS】OpenPNE3.6をインストール

さて、前回まででインストールする準備が完了しました。

いよいよインストールを行います。

1.MySQLの設定
 ①MySQLサーバを起動します
  /etc/init.d/mysqld start

 ②MySQLにログインします
  mysql -u root -p

 ③新規ユーザを作成します
  grant all privileges on *.* to 'openpne'@'localhost' identified by 'password';

 ④新規DBを作成します
  create database TestPneDB;

2.インストールするOpenPNE本体の用意
 ①OpenPNEを格納するディレクトリを作成します
  mkdir /home/OpenPNE

 ②作成したディレクトリに移動します
  cd /home/OpenPNE

 ③OpenPNE3.6を取得します
  wget https://github.com/openpne/OpenPNE3/zipball/OpenPNE-3.6.9.1
  ※最新バージョンは、OpenPNE公式ページのzip版ダウンロードリンクを
    コピーして、上記URLを置き換えてください。

 ④取得したOpenPNE3.6を解凍・展開します
   unzip OpenPNE-3.6.9.1
   ※unzipコマンドが使用できない場合は、unzipをインストール後に再度
         unzipコマンドを実行します。
    yum install unzip
 
 ⑤解凍後のディレクトリ名をリネームします
   解凍後のディレクトリ名は長いので、適宜リネームします。
   mv openpne-OpenPNE3-95f1bac TestPNE36
   ※mv 変更前のディレクトリ名 変更後のディレクトリ名
 
3.取得したOpenPNE本体のファイルを編集
 ①OpenPNEルート/config 配下のファイルをコピー(.sampleを削除)
  ・OpenPNE.yml.sample → OpenPNE.yml
  ・ProjectConfiguration.class.php.sample → ProjectConfiguration.class.php
  
  cp OpenPNE.yml.sample OpenPNE.yml
  cp ProjectConfiguration.class.php.sample ProjectConfiguration.class.php

 ②OpenPNE.ymlファイルを編集します
  base_url:をサイトのURLに変更
  vi OpenPNE.yml
  
4.OpenPNEのインストール
 ① インストールを実行します
  ./symfony openpne:install

  Choose DBMS                : mysql
    Type database username  : root
    Type database hostname  : localhost
    Type database port number :
    Type database name          : TestPneDB

   インストール時にエラーが発生した場合は、phpに割り当てられているメモリが
  少ない可能性があるので、メモリを増やします。
  vi /etc/php.ini
  memory_limitを256Mに増やします。

 ②インストールが成功したら、シンボリックリンクを作成します
  ・snsディレクトリを作成
   mkdir /var/www/sns
  ・作成したディレクトリに移動
   cd /var/www/sns
  ・シンボリックリンクを作成
   ln -s /home/OpenPNE/TestPNE36/web/ TestPNE36
 
 ③ .htaccessを編集(OpenPNEルート/web 配下)
  ・Options +FollowSymLinks +ExecCGI をコメントアウト
    → #Options +FollowSymLinks +ExecCGI
  ・RewriteBase / をシンボリックリンクで指定したURLに変更
    → /TestPNE3.6

5.URLにアクセスしてログイン画面が表示されるか確認します。
 http://ドメイン/TestPNE3.6 にアクセスしてログイン画面が表示されれば
 インストール成功です!!

と、全3回と少々長くなってしましたしたが、これにてAWSにOpenPNEの
インストールは完了です。
お疲れ様でした!!

 

2013年7月1日月曜日

小樽南防波堤にてロックフィッシュ!

久しぶりに小樽にて釣り!

実は6月末に行きましたが、ちょいとブログをアップするのが遅くなってしまいました。

さて、今回は16~20時頃までの釣りでしたが、ソイとアブラコで7匹ほど釣れました。

途中、エギでイカを狙いましたが、残念ながらこちらはボウズ(笑

基本的には、ブラーにイソメをつけてチョイ投げして、ジョジョに引いてくるという感じです。
活性が高かったので、ワームでも釣れたと思います。

前半は金ブラーで17時30分頃まで継続的にあたりがあり、エギで撃沈した
19時過ぎ以降は、白の夜光ブラーで釣りましたが、こちらも継続的にあたりがありました。

全体的にサイズは大きくありませんが、ソイとアブラコで20cmオーバーが数引き釣れたので
良かったです。


夕日も良い感じでした!